• ホーム
  • アイピルと子宮腺筋症と殺菌について

アイピルと子宮腺筋症と殺菌について

嬉しく笑っている女性

子宮腺筋症というのは子宮内膜に似た組織が子宮の筋肉の層にできてしまうという病気のことであり、子宮内膜症の場合は子宮以外の場所に組織ができますが、子宮腺筋症の場合は子宮にできるという特徴があります。
ちなみに、子宮腺筋症は子宮筋腫とも似ていると言われています。
しかし、筋腫の場合はこぶができても腺筋症の場合はこぶは見られず、子宮全体が大きく固くなっていくということです。
中には紛らわしいものもありますし、摘出されてから病気が分かることもありますし、子宮筋腫や子宮内膜症と合併していることも多くなっています。
生理痛や過多月経、貧血などが主な症状であり、子宮内膜症よりも痛みが強いとされています。
また、過多月経は子宮筋腫よりも重症と言われており、息切れや倦怠感などの症状も出やすくなります。
子宮が大きくなると周囲の臓器や神経を圧迫することになりますし、お腹や腰の痛みが出てしまうこともあります。
また、排尿痛や性交痛が起こってしまうこともあり、不妊になってしまうこともあるので注意しましょう。
子宮腺筋症によるさまざまな症状を軽減したいという場合、アイピルを使ってみると良いでしょう。
アイピルは殺菌作用のある緊急避妊薬であり、妊娠を望まない女性が服用するための薬となっています。
性行為をして72時間以内に服用した場合、ほとんどの確率で避妊できると言われています。
ちなみに、コンドームをしても避妊できる確率は8割程度であり、100%避妊できるというわけではありません。
また、男性の中にはコンドームの着用を嫌がる人もいます。
殺菌作用のあるアイピルなら女性が自発的に避妊をすることができますし、失敗のリスクも低くなっています。