• ホーム
  • アイピルを使っても生理が来ない場合は病院へ

アイピルを使っても生理が来ない場合は病院へ

薬を飲んでいる女性

アイピルは、アフターピルの1種で、避妊に失敗をした時の緊急避妊薬として使われる薬です。
日本では、2011年、レボノルゲストレルという、黄体ホルモンを主成分としたアフターピルの処方が産婦人科で許可されており
アイピルはそのジェネリック医薬品です。
その効果は、精子が子宮頚管に侵入するのを防いだり、排卵に時期を遅らせたり、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぎます。
婦人科で処方してくれるのは、望まない妊娠をした可能性がある場合で、セックスの翌日産婦人科で初めて処方が可能なのです。
大切な事は、避妊に失敗後72時間以内にのむことで、遅くなればその効果は落ちてきます。
できるだけ24時間以内に飲むことがすすめられています。
したがって、アイピルを緊急避妊薬として常備しておく事は賢い選択しの一つです。
街の薬局やドラッグストアで売っていませんので、医薬品個人輸入をして手に入れなければなりません。
アイピルを製造しているのは、国際特許条約に未加入のインドの製薬会社です。
アイピルを使用して、避妊に成功すれば、子宮内膜がはがれおちますので出血が起きます。
排卵前に飲めば、3日ほどで出血が起き、排卵後であれば、遅くとも3週間以内に出血があります。
ちょうど生理の時と同じことが起きるのです。
この出血が、もしも来なければ妊娠をしている可能性があります。
また仮に、出血があっても微量な場合は、妊娠をして不正出血を起こしている可能性がないとは言えません。
このような場合には、すぐに病院を受診しましょう。
また妊娠を検査薬を使って、陽性反応が出た場合も病院に行きましょう。
ただ、アイピルを使って、喪避妊に失敗をしたかららと言ってお腹の赤ちゃんに悪影響はありません。

人気記事一覧
サイト内検索